スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

構えと突き 

久々に、基本の話をしようと思います。
今回は、構えと突き。

私も構えに関しては、常に悩み、試行錯誤するのですが、
色々やってみて、いつも必ず立ち戻るのが、
「小さく構えて小さく打つ」

基本ですね。
ここへ立ち戻ると、動きが修正され、
こびりついた動作のムダが、リセットされる気がします。

小さく構える事で、3つの利点があります。

1.ガードにスキが無くなる。
2.腰の回転を中心軸とした、コンパクトで速い連打が可能になる。
3.力まないので、スタミナのロスが無い。

今日から、意識して稽古しましょう!!!
新しい気づきがあるはずです。



上達 

ここ駅家町で実践空手道勇心会館北部道場を開設してから来月で3年目を向かえようとしています。
道場の仲間も増え、全体のレベルもかなり向上してきたと思います。
しかし、しっかり練習している者、練習不足の者、それぞれの力の差もでてきている様に感じます。
本来、空手は武道です。
技は刃です。
一日たりとも刃を磨く事を怠ってはいけません。
道場のような練習をしろと言ってるのではなく、5分でも10分でもいいから道場で学んだこと、補強運動、柔軟などを行う時間を持つ、という事です。
空手の打撃感覚は一日怠ければ取り戻すのに3日かかると思って下さい。

10月に秋の昇級審査を行いますが、きびしい審査になります。
気合いの出ていない者は不合格となります。

●何故気合いを出すか
気合いを出す、という事はただ大きい声を出すという意味ではありません。
空手の技を出すには、手足を使うと同時に、身体の中心である丹田(みぞおちの下あたり)からパワーを瞬間的に爆発させる事が必要です。
連続で技を出す場合はこの爆発が機関銃のように連続で起きなければなりません。
この爆発を発し押し出す役目を持つのが気合い(声)です。
ようするに気合いも技の一部なのです。
ですから声が出ていないということは技が不十分であると見なされるのです。
日々の精進を怠らないようにしましょう。

押忍。

前蹴りのサバキ 

みんな前蹴りのサバキができていません。

前蹴りをこんこんもらうと組み手のリズムが相手のリズムになってしまいます!!

砂場の砂を横に手でかく様にね、、。反対の手は顔面ガードを忘れずに!!

もうひとつ!突きを斜め下に打ち込むようにすれば蹴りを落とすことができます。(こぶしを当ててはいけません。ケガします。)

これを見よ!!! 

このサイトを読めば、空手の打撃痛など蚊に刺されたようなもの・・・・。
笑えるし、疑似感覚で痛みが伝わってきます・・・。
http://shinukatoomotta.jp/


筋トレ 

まず、筋トレする時の各セット中のインターバルは60~90秒にして下さい。
それ以上インターバルをとると疲労代謝物の乳酸(筋肉痛の原因物質)インターバル中に処理されてしまい、脳に十分な刺激(成長ホルモンを分泌させる指令)がいかず、成長ホルモンが分泌されず、効果的な筋肉の超回復が望めません。
トレーニングで肥大するのは速筋です。空手にはこの速筋の働きが非常に重要です。

●最大筋力 これを高めるにはMAX4~5回出来る程度の重量でトレーニングします。
●スピード これを高めるにはMAXの50%の重量(100KがMAXであれば50K)を最高スピードで
      15回~20回できるようにします。
●通常   10回できる重量で3セットが良いでしょう。 

ちなみにオガワのメニューをご紹介します。
「胸、三頭筋、肩を鍛える」
●ベンチプレス
ウォーミング 70Kで15回 1セット
 120K 5~10回(体調による)1セット
 110K 10回 1セット
 100K 10回 2セット
 85K  10回 1セット
●胸、三頭筋 ディップス 12回 1セット
●腹筋 50回
●胸、三頭筋 ダンベルベンチフライ 25K 10回 3セット
●腹筋 50回
●肩 バーベルフロントレイズ 35K10回 3セット
(日によってバーベルフロントプレス、ビハインドネックプレスを10回 3セット)
仕上げにベンチプレス60Kをハイスピードで20回を2セット(胸でバーをバウンドさせます。)
約1時間です。

「背中、二頭筋、前腕を鍛える」
●バーベルローイング(腰にくるのであまり高重量はあつかいません。)
ウォーミング 30Kで15回 1セット
 50K 10回(体調による)1セット
 40K 10回 2セット
*背中はデリケートなのでムリのない重量でフォームをしっかり意識して密度を高めましょう 
●懸垂 10回 3セット
●腹筋 100回
●バーベルカール 40K 10回1セット、35K 10回2セット
 ダンベルカール  片方25K 10回1セット
●肩 バーベルフロントレイズ 35K10回 3セット
(日によってバーベルフロントプレス、ビハインドネックプレスを10回 3セット)
約1時間です。
*ちなみにスクワットは思いついたときにします。まず30回してひざを温めてそれから100回、最後に50回です。全て自重で行います。腰が悪いのでウェイトは5年前から扱っていません。

それではみなさん、けがのないようにレッツ筋トレ!!!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。